>

断捨離が生活に及ぼし得る影響

生活に断捨離が与える影響

不要なものを捨てることは省スペース、ひいては部屋の効率的な利用の促進につながり、閉塞感を感じずに生活しやすくなったりもしますが、断捨離に内包されるものを増やさないという側面やものへの執着を捨てる精神性を養うといった側面も生活へ影響をもたらします。

まず、ものを増やさないことを徹底することで、ものを捨てることで得られたスペースを維持しやすくなり、閉塞感を感じない生活を継続しやすくなりますし、掃除や引越しが楽になるなど生活で感じるストレスが抑制でき、精神的に楽に生活を送ることができるでしょう。

加えて、ものへの執着を捨てることができれば、浪費をすることもなくなり、図らずとも節約につながって、経済的に生活が楽になる可能性もあるのです。

無理な断捨離は禁物

ものの多さに比例する形で時間を要する断捨離は、時間を多く要するという特性上、作業を中断することは避けられず、中断したことで断捨離の必要性に疑問を抱き、断捨離を止めてしまうことも間々あることです。

断捨離を成功させるコツとして、できるだけ一気に進めてしまうことが有効ではあるのですが、断捨離を成功させることに囚われるあまり、必要なものまで捨ててしまっては本末転倒で、精神的にしこりが残ってストレスの一因となったり、生活するために必要なものを捨ててしまい生活に支障をきたしたりすることまで考慮すれば、無理な断捨離はマイナスになりかねず、断捨離の本質とはかけ離れた結果を招くことを避けるためにも、無理な断捨離は止めておいた方が無難でしょう。


この記事をシェアする